エリオット波動第3波

日記

これだけで良いエリオット波動のポイントとは!推進波・修正波

メイソンです。

今回は、【エリオット波動】について!僕自身は、エリオット波動をどこまで理解できているのか疑問ですw

しかし

実践でエリオット波動論だけに、お金を任せても良いとは到底思えません。ここが重要です。

エリオット波動がどれだけ世界的に有名でも、自分の利益に繋がらないなら意味がありませんから。

 

エリオット波動論を実践で利用する時に知っておくべきポイントは、たった1つ

  • 現在【推進波】or【修正波】なの?

これだけです。エリオット波動論って言うなって怒られてしまいそうですが・・・・実践で本当に使えるのはこれだけですから。

では、【推進波】or【修正波】について書いていきます。

 

エリオット波動で推進波を狙え!!

まずは、エリオット波動論入門の引用

5つの波で形成される推進波は、「いつもひと回り大きな波の段階のトレンドと同じ方向に進む」。波は単純な形をしており、比較的簡単に識別・解説できる

・推進波の第2波のリトレイスメント(押し)率は常に第1波の値幅よりも小さく、
・第4波のリトレイスメント率も第3波の値幅よりも小さい。
・しかし、第3波は常に第1波の値幅よりも大きく動く。

推進波の目的は「相場を進行させる」ことであり、そのフォーメーションのルールもそれを裏付けている。
エリオットはさらに価格という点で、「第3波がしばしば“最長の波”となり、推進波の3つのアクション波(第1波・第3波・第5波)のなかでは、けっして“最短の波にはならない”ことを発見した。第3波が第1波や第5波よりも変動率という点で大きいかぎり、このルールは有効である。
エリオット波動第3波
引用 エリオット波動論入門

 

エリオット波動では、第3波が一番伸びるよって事w

エリオット波動で修正波は避けろ!

推進波がメジャートレンドの方向にいつでも比較的簡単に進むことができるのに対して、修正波についてははっきりと識別するのが難しい。相反するトレンドをめぐる対立のもうひとつの結果として、修正波は推進波よりもかなり多様な波形をとる。修正波の終了を予測するのは推進波の場合よりも難しいので、株式相場が一貫して推進的なトレンドをたどっているときよりも、曲がりくねった修正局面にあるときは、いっそう忍耐強くフレキシブルなカウンティングのスタンスが求められる。
いろいろな修正パターンの研究結果から得られる最も重要なひとつのルールは、「修正波はけっして5つの波とはならない」ということである。推進波だけが5つの波となる。こうした理由から、メジャートレンドとは逆方向の最初の5つの波の動きは、修正局面の終わりではなく、その一部にすぎない。

エリオット波動第3波引用 エリオット波動論入門

 

エリオット波動では、修正波は難しいよって事w

 

メイソンが見るポイントは複数時間足

僕がエリオット波動論で見ているのは、

  • 上位足が現在【推進波】or【修正波】中なの?

例)完璧なパターン

基準足(1時間足)

  • 上昇トレンド
  • 推進波にいる

上位足(4時間・日足)

  • 上昇トレンド
  • 推進波にいる

完璧なパターンです。4時間足・日足でしっかりとしたトレンドが出ている場面では、発生率も高いですね。

いけいけどんどんのトレンドフォローの王道です。

例)よくあるパターン

基準足(1時間足)

  • 上昇トレンド
  • 推進波にいる

上位足(4時間・日足)

  • 上昇トレンド
  • 修正波にいる

上位足の反発確認を基準足でしている場面ですね。ちょっとわかりづらいかなこの表現・・上位足のトレンドを理由に、基準足についてく場面ですね。この場合の注意ポイントは、上位足が上昇トレンドだという事です。

例)よくあるパターン

基準足(1時間足)

  • 上昇トレンド
  • 推進波にいる

上位足(4時間・日足)

  • 下降トレンド
  • 推進波にいる

上位足の戻りをつけにいっている場面ですね。状況としては、基準足のトレンドがいつ終わってもしかたない場面。無理についていきすぎ注意!

 

などいくつか例をあげましたが、言いたいことは複数時間足で

  • 現在【推進波】or【修正波】なの?

見ているよって事。

エリオット波動論は様々な要素(フィボナッチなど)を絡み合わせて考えるらしいですが、僕は上記に挙げたポイントだけを見ています。

他もっともっと詳しくしりたいならば、【引用元エリオット波動論入門】の本を購入してみてもいいと思います。

Amazonとかtradersshop.comで購入できるので、調べてみてください。

ちなみに僕は実践派なので,ちょこっとしか読んでいませんw

ピックアップ記事

  1. 最大ドローダウンと100%勝てるだろうって場面だけトレードする決意
  2. 大チャンスってそんなにある?遭遇したならばスキャルしまくるよ
  3. 専業スキャルピングトレーダーor勝ち続けている人が続々と登場している理由とは・・…
  4. サマーバケーション終了で本格始動!とトレード日記
  5. 最新企画! スキャルピング凡人会動画①

関連記事

  1. 日記

    あけましておめでとうございます!自分自身が変われる1月はチャンスですよ。。

    メイソンです。あけましておめでとうございます!今年もよろしくお…

  2. 日記

    チャートの流れを追いかけながら、隙を見せてくれたらエントリーだ!

    メイソンです。本日もドル円をやっていました。内容は動画で!…

  3. 日記

    スキャルピング日記1/23動画ちょろっと

    メイソンです。2017年は短めの動画を、ちょこちょこアップさせ…

  4. 日記

    スキャルピングのドローダウンは?本当にそれはドローダウンでしょうか!?

    メイソンです。スカイプでメッセージを頂きました。【スキ…

  5. 日記

    ※満席のため募集終了しました久しぶりの更新になってしまいました。新規勉強会のお知らせ

    メイソンです。お久しぶりの更新になってしまいました。申し訳…

  6. 日記

    動画 6/27ユロドルとドル円

    メイソンです。本日も嫌な高ボラで死ねる日ですねww&n…

ブログを応援してくださいね!

メルマガ登録

スキャルピング手法メルマガ

ピックアップ記事

  1. お金を増やすという原点回帰と基本に忠実で結果を出した人達のそ…
  2. 最大ドローダウンと100%勝てるだろうって場面だけトレードす…
  3. 1日10pips・5pipsなどの【目標戦略】で得られたご利…
  4. 専業スキャルピングトレーダーor勝ち続けている人が続々と登場…
  5. 大チャンスってそんなにある?遭遇したならばスキャルしまくるよ…
  6. サマーバケーション終了で本格始動!とトレード日記
  7. 最新企画! スキャルピング凡人会動画①
  8. スキャルピングにおすすめ・最適な口座業者!僕はJFX(ヒロセ…

オリジナル手法人気ランキング2016

PAGE TOP